離婚ナビ!不倫の慰謝料鑑定

離婚する場合に相手が不倫した場合の慰謝料を鑑定 - 不倫を理由に離婚をする

不倫を理由に離婚をする

このカテゴリでは、不倫を理由に離婚をすることによって支払い義務が発生するものの種類について説明します。
詳細は次のページから記載しています。ここでは、わかりやすぐ全体を見ていきましょう。
◆財産分与
これは、夫婦が結婚中に築いてきた財産を分配しようという制度です。家、土地、貯金、保険金などが対象になります。
小遣いなどで購入したものや、相続などから独立して受け取ったものは対象にはなりません。
今までは共働きなのか専業主婦なのかによって区分していましたが、現在では原則としてきっちり半分に分けて分配しています。
◆援助、扶養費用
離婚したはいいが、それから生活するのが困難という人のために援助や扶養をするというものです。片側が病気や専業主婦ですぐに働けない場合に、支払い義務が発生することがあります。
しかし、そうでない場合にはこの費用は発生しません。
◆慰謝料
離婚や不倫によって受けた精神的ダメージに対しての補修金として扱われるのが、慰謝料となります。
賠償金の部類に入り、50万〜1000万円程度がその金額となり、平均はおおよそ200万円となります。裁判になるとやはり妥当な金額となるので、交渉での金額よりはかなり低いものになります。浮気をした側は、交渉で高いお金を支払うか、社会的地位などを犠牲にして裁判で安いお金を支払うか決めることができます。
離婚をした場合は上記の条件にあてはまります。
離婚はしなくとも、不貞行為についての賠償請求はできます。浮気の張本人であるパートナーだけでなく、浮気相手にも慰謝料請求ができるのですが、裁判に持ち込まず、示談で決着したほうが裁判よりも高い金額を受け取れる可能性があります。
◆養育費
子供がいる家庭での離婚に際し、子供を受け取れなかった側が、子供が1人前になるまでのお金の補助を子供を引き取った側に支払う、というものです。しかし、金額が月額1万円〜6万円と低く、実際に支払っている人も20%ほどしかいないのだとか。

慰謝料を請求する条件

精神的ダメージについて補修するために支払われる賠償金として、慰謝料と言うものがあります。
慰謝料を請求するにも条件があり、それについて説明していきます。
◆2度登場する慰謝料
慰謝料は2回登場してきます。それは以下の2つのことが別として考えられているからです。
1)離婚の慰謝料
「離婚をされたことについての精神的ダメージに対する補修金」として扱われる慰謝料があります。2のことを気にせずに請求できます。
2)不貞行為についての慰謝料
浮気、不倫をされていたという精神的ダメージに対する補修金としての慰謝料も発生します。不貞行為であれば、この慰謝料を請求できます。
ただし、離婚をしない場合には減額されたりする可能性があります。「離婚せざるを得ない状況」という場合には、裏切り行為によるダメージも大きいので、これを請求できるというわけです。
離婚しない場合、おおよそ元の金額から1割、2割程度の減額となります。
◆浮気相手に請求
パートナーだけでなく、浮気相手にも請求をすることができます。
浮気の張本人、パートナーは許すけど、浮気相手は許さないので慰謝料を請求する!ということも実は可能なのです。浮気を実行する時点で夫婦関係の破綻が起こってなければ、これを請求することができます。
しかし、別居をしていたり、夫婦関係が冷え切ってしまっていた、その証拠を提示されたという場合には、こちらに対抗策がなければ、なかなか厳しいものになります。
保護するべき家庭があってこその慰謝料請求です。浮気の当時に夫婦関係の破綻が起こっていては、そこには守るべき家庭というのがすでに消失しているわけですから。しかし、この制度をうまく使えば、浮気をする側は夫婦関係の破綻を口実に、支払い慰謝料を引き下げることが可能になってしまいます。

新着情報

◆2013/04/01
慰謝料を請求するためにを新規投稿しました。
◆2013/04/01
慰謝料請求とプロを新規投稿しました。
◆2013/04/01
不倫についてを新規投稿しました。
◆2013/04/01
慰謝料の具体的金額を新規投稿しました。
◆2013/04/01
離婚で取ることができるお金を新規投稿しました。